イベント情報

東京ガス×ガクセイ基地 「炎の和食」お料理体験イベントレポート

こんにちは。ガクセイ基地の加藤です。無形文化遺産に登録された「和食」を「炎」で調理してみよう、といったものでした。歴史ある和食文化を継承していくのは、私たちの世代ではないでしょうか。そこで、東京ガス様にご協力をして頂き、最新のガスコンロを使い簡単に、しかもおいしくつくれる「炎」による調理体験イベントを行いました。

IMG_7468

女の子が多いのかと思いましたが、男女比率は半々くらいと以外に料理男子が多いのに驚きました。

 IMG_7380

この日のメニューは健康的な食事の基本となる一汁三菜がテーマ

・土鍋ごはん

・具だくさん豚汁

・鶏肉の炭火焼風

・冬野菜のマリネ

・卵焼き

 

 

調理をする前に、最新ガスコンロの機能についての説明がありました。ガスコンロでの調理ですが、これはタイマーや、指定した温度に自動で調節してくれる機能がついているので、料理の初心者でも火加減が難しそうなお料理を、簡単に安心して作れるという優れものでした。

IMG_7383

さらに凄いのが、コンロの下部にあるグリル(魚を焼く時などに使うところ)です。ここではマリネと鶏肉を調理しました。グリルでお肉や野菜を調理するのは意外ですよね。グリルで調理することにより、お肉は余分な脂が落ち、しかも上下同時にこんがりと焼くことができるので、ひっくり返す必要が無く、型崩れの心配がありません。また、マリネの野菜もカットさえ済ませ、アルミホイルに包んでしまえば、食材の水分であっという間に蒸すことが出来る、手間いらずな使い方を知ることが出来ました。また、グリルではお肉と野菜を同時に焼けるので、調理時間を短縮することもできます。

そして土鍋ごはんを教えて頂きました。家庭では、炊飯器を使って炊くことが多いですが、ガスコンロでも簡単にごはんを炊けるんですね!火力を調整して10分くらいの時間をかけて沸騰させたら、弱火で20分。その後消火して10分蒸らせばできあがりです。この温度と時間で、生のお米を糊化し、甘みや粘り気のあるごはんができあがります。

 

次に、先生による調理のデモンストレーションです。最新ガスコンロ機能の使い方を学びます。先生がやっているのを見ると、簡単そうだな~と思いますよね。これは料理初心者の私の意見です。笑

IMG_7332

最新ガスコンロの使い方レクチャーを受けている様子。皆さん、真剣です。 

流れが分かったところで、調理開始です!めったに料理をしない人、一人暮らしでほぼ毎日料理をする人も共同で作業が始まります。最初は時間がかかる土鍋ごはんをセット。

IMG_7400 

次に野菜を切る人、お肉を切る人、と進めていく中、一番盛り上がったのは卵焼き!

固くなってしまったり、上手に巻けなかったりしたことはありませんか?

<

p style=”text-align: center;”>IMG_7418専用のフライパンで、破れないように慎重に卵を巻いていきます。

みんなが食べるのに形が崩れたらどうしようという不安もありますが、そこは先生にコツを教えてもらった通りにひっくり返すと、思った以上にきれいな卵焼きが完成しました!

 

完成した和食メニューはこちらです! 

野菜もお肉も卵もあり、しっかりとバランスがとれて、色も鮮やかな和食の完成です。

 

お味は、それぞれの食材の味、食感が活きててとても美味しい~!とみんなが感激。ご飯はふっくらしていて、おこげもちらほら入っていて、とても贅沢です。お肉は皮がパリッ、中は柔らか~。卵焼きはとてもふわふわしていて、自分たちで作ったとは思えませんでした。豚汁とマリネでしっかり栄養分をしっかり補給!お味噌で優しい味にほっとしつつも、季節感のある和食を楽しめました。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me